上期トピックス

2020年10月1日

 皆さんこんにちは、社長の横塚です。早いもので、今期も折り返し地点となりました。この上期は当社に限らず、「コロナ対応」であっという間に過ぎ去ったという感があります。世の中も大きく変わり、これからもその変化のスピードは上がっていくでしょう。

一方で、コロナ以外にもいろいろなことが発生していることにも目を向けたいと思い、今回は当社の「上期トピックス」についてお伝えいたします。

 

その1「仙台共配センターがオープン!」

 当社初の東北地区自社拠点である「仙台共配センター」が7月から稼働しました。お客様からのご要望により急ピッチでの開設準備となりましたが、90名を超える方に入社いただき、しっかりと業務を立ち上げていただきました。東北地区全域をカバーできる共配ネットワークを構築できるよう、取り組みを継続してまいります。

入社してくれた皆さん、ありがとうございます!

URL:http://www.asahilogistics.co.jp/news/news-13225/

senndai-P1020697

 

その2「クローバーPJ活動推進中!」

 前期末に導入した「クローバー車」が松戸事業所にも導入され、5台となりました。細かな改良も順次実施されており、良いものになっていると感じます。そして、嬉しいことにこの上期で女性サービスドライバーさんの割合が5%を超えました。おかげさまで全体の在籍人数が増加しているので構成比を上げることの難しさはありますが、現在では115名の女性サービスドライバーさんに頑張ってもらっています。性別を問わず活躍できる業界、それは当社が目指す「憧れの業界」としては必須のことなので、引き続き取り組んでまいります。まずは10%の構成比を目指します。

当社サービスドライバーの皆さん、いつもありがとうございます!

URL:http://www.asahilogistics.co.jp/news/news-12836/ (クローバー車導入)

http://www.asahilogistics.co.jp/news/news-12936/ (納車式)

http://www.asahilogistics.co.jp/news/news-13193/ (松戸事業所2台納車)

女性専用車両

 

その3「本社大宮移転5周年」

 創業の地である埼玉県嵐山町から大宮に本社を移転して5年が経過しました。この5年の成果を考えると、移転をして本当に良かったと感じます。移転と前後して、東北地区、新潟地区への進出や拠点拡充、最近では関西と中部へも拠点を開設することができました。会社全体としても移転時に3700名の在籍人数でしたが、最近では5500名を超え、おかげさまで順調に成長をすることができています。しかしながらまだまだ課題もありますので、現場に寄り添うサポーターとしての本社機能の強化を図っていきたいと考えております。

本社スタッフの皆さん、いつもありがとうございます!

URL:http://www.asahilogistics.co.jp/news/news-6262/

genkann_DSC1413

 

その4「国土交通省大臣政務官ご視察」

 9月11日に国土交通省大臣政務官(当時)であられる 和田参議院議員に当社の人財採用、育成、福利厚生への 取り組みとして「滑川福田センター」と「アサヒキッズランド嵐山花見台保育園」のご視察をいただきました。 どちらも業界内では珍しい取り組みということで、「視察できて本当に良かった」とのお言葉を頂戴することができました。これからも人材を採用して育成し、『人財』として気分よく働いてもらえる会社作りを進めてまいります。

ご視察いただいた和田議員、国土交通省の皆様、ありがとうございました。そして、当社の滑川福田センターとキッズランドに関わる全ての皆さん、ありがとうございます!!

URL:http://www.asahilogistics.co.jp/news/news-13510/

IMG_0010+68

 

その5「永年勤続表彰状をお届けしています!」

 当社では毎年5年経過ごとに「永年勤続表彰」を行っております。例年は4月に開催する「経営発表会」にて表彰を行いますが、今年度は開催ができなかったため、表彰式も行うことができませんでした。 当社は20年以上の表彰者には特別な個人別の表彰を行っております。

永年勤続20年

20年勤続者には、本人のエピソードにちなんだオリジナルの表彰状

永年勤続25年

25年勤続者には、本人のキャラクターを踏まえた言葉入りの盾と特別なワッペン付きの帽子

永年勤続30年

30年勤続者には、オリガミカラーのトラックのレプリカ(大人気!)

記念品をプレゼントしているので直接お渡しする機会を作りたいと思い、コロナの落ち着きを見極めつつ、拠点を訪問して表彰式を行っております。私が入社したのが17年前ですから、皆さんそれ以上前から当社発展の原動力となっていただいた方たちです。なかには私が入社直後に厳しく(?)指導 してくれた先輩方もおり、感慨深い場面も多々ありました。後日ある方から、「拠点に送って『本人に渡しておいてね』と言っておしまいにすることもできたのに、わざわざ自分のために来てくれて嬉しい」というメールをいただきました。やはり直接のコミュニケーションは大切だなと感じました。現場メンバーの努力に報いるべく、良い会社、良い業界にするために全力で取り組んでまいります。

表彰者の方、おめでとうございます!そして、ありがとうございます!  

 

 少し長くなってしまいましたが、まだまだ書きたいことがあるほど、振り返ってみると良いことも沢山あった上半期でした。数値としても期初は厳しい場面もありましたが、上期で前期対比4%ほどの増収とすることができ、明るい兆しが見えてきました。ピンチはチャンス、これからも大きな山を目の前にすることがあると思いますが、常に前向きにチャレンジして良い結果を出していきたいと思います。

 

今期のスローガンは、

67スローガンimg

 

 

「~人への感謝・物への感謝~ ありがとうをカタチにしよう!」

 

 

 

当社に関わる全ての人と物への感謝の気持ちを込めて、恩返ししていきます!

ページの先頭へ