spmenu

数ある会社の中から、
アサヒを選んだ
自分を褒めたい。

横浜緑物流センター常温センター 2019年入社(新卒)

甲田 俊太
Syunta Kouda
※2020年の内容になります。

この業界に入るきっかけをくれた人との、運命の再会。

実家が運送業を営んでいたこともあり、物流は身近な存在でした。ただ子供の頃は、ガラが悪い人が多そう、コワモテの人が多そうなど、あまりいい印象はありませんでした。そんなマイナスなイメージが払拭されたのは、学生時代にアルバイトをしていたスーパーでの、アサヒロジスティクスのドライバーさんとの出会い。とても物腰の柔らかい人で「こういうドライバーもいるんだな」と好印象を持ったのを覚えています。今の会社で働きたいと思うようになったのも、その頃です。その後、就活を経て今の会社に入社。入社後の研修で熊谷センターに行った際、「あれ?うちに入社したんだね!」背後から聞き覚えのある声が。振り向くと、あの時のドライバーさんがそこにいました。まさか再会出来るとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。

毎日、確実に成長している自分に会える。

現在は横浜緑物流センター常温センターで、大手コンビニチェーンの常温商品(菓子・加工食品・酒)の仕分けをメインに担当しています。働く作業スタッフさんは140名ほど。その中で40名のチームをまとめており、決められた時間内に仕分けを終えられるよう、現場の管理やシフト管理、在庫管理をするのが私のミッションです。特に力を入れているのが弁償金の削減に向けた取り組み。現場の導線を増やしたり、棚の置き場を変えたり。時に先輩や上司に相談し、時に現場の作業スタッフさんの意見を参考にしながら、より効率よく作業ができる環境を整えています。さまざまな工夫を重ねた結果、前期より弁償金を大幅に削減することができました。結果が数字としてはっきり見えるので、とてもやりがいを感じます。今後も品質を高めていけるよう、頑張るのみです。

入社以来、「社員想いの会社」を実感しています。

魅力はたくさんありますが、やはり一番は“人”じゃないでしょうか。私の場合、とくに先輩に恵まれているなぁと思っていて、業務後によく食事(たまにお酒も・・・)に連れて行ってもらうのですが、仕事の相談やちょっとした愚痴なんかも聞いてもらっています(笑)。あとは同期との関わり合いが深いのも嬉しいです。みんなモチベーションが高く、たまに会うと仕事の進め方や取り組んでいるプロジェクトを共有して互いを高めあえる、素晴らしい存在です。その他の魅力としては待遇・福利厚生が充実しているところ。私は現在、横浜で単身赴任中。奥さんと4ヶ月になる娘がいるのですが、横浜の家も会社が手配してくれました。単身赴任の手当の支給や、帰省時の費用を支給してくれる制度もあります(※)。まさに社員想いの会社。辞めたいと思ったことは一度もありません。
※諸条件あり

将来のこと

まだ入社2年目なので、キャリアパスがどうこうというよりは、目の前にある業務を確実にこなしていくことが目標です。今後は弁償金の削減や生産性の向上に関して、もっともっと突き詰めていきたい。きちんと仕組み化し、自分が担当から外れた後も、継続できる環境・体制作りをおこなっていきたいです。あと、プライベートの目標は家を建てること。夫婦ともにバイクが好きなので、大きいガレージ付きの家に住みたいです。もっと先のことを言うと、娘が成人したら一緒にお酒を飲みたいかな。まぁ、かなり気が早いのですが(笑)。

pagetop
© Asahi Logistics. All Rights Reserved.