spmenu

ブログ

乾燥注意!

2021年1月8日

新年あけましておめでとうございます。運行事業本部の土谷です。

新しく迎えました2021年、まだまだ新型コロナウィルスの動向に予断を許さない状況ですが、地道に感染防止対策を徹底しつつ、希望を持って良い年にしたいと思っています。

 

image4さて、最近では気候の変化が大きく、日本海側では大雪に見まわれ、太平洋側では空気が乾燥している状態が続いています。空気が乾燥する事により、火災、ウィルスの流行、身近なところでは、静電気や肌荒れが発生しやすい時期となります。静電気や肌荒れは、皮膚の水分が失われることにより起きやすくなり、ひび割れや肌の痒みが起きます。寒さなどの理由により水分の摂取量は減ってしまいますが、乾燥のためにも、冬場も水分補給は必要になります。1日の補給目安は1.2ℓ程度です。体内からの乾燥を防ぎ、加湿器でも肌やのどに水分を・・・。

 

加湿器で湿度をキープする際、一般的に目安とされているのは

〇冬場・・温度18~22℃、湿度 50~60%

〇夏場・・温度25~28℃ 湿度 50~60%

上記の数値が快適に過ごせる気温、湿度と言われています。

 

878357

 

最近では日本気象協会から、乾燥による肌荒れについて注意を呼び掛ける「うるおい指数」なども発表されています。参考にするのも良いかもしれませんね。

マスクの中は乾燥しないと思われがちですが、摩擦や外気温との温度差により肌荒れが起きやすい状態になります。温度調節と加湿器の活用、空気の換気などを行い、乾燥の時期を乗り切りたいです。

 

 

2021年は、新型コロナウィルスが収束してマスクがいらなくなる日常を送れるようになることを願っています。

それまでは感染防止策を怠らず、前向きにいきましょう!


アーカイブ
カテゴリー
pagetop
© Asahi Logistics. All Rights Reserved.