spmenu

ブログ

防災グッズ

2021年1月28日

shopping_mask_man仕事で埼玉から神奈川へ移動中、一瞬雪が舞ったので緊張感が走りました。最近の夜間の気温は、マイナスが続き、寒さが体にこたえる総務グループ菅野です。

皆さんは、休日をいかがお過ごしですか?緊急事態宣言発令期間中の現在は、多くの人が巣ごもりしているかと思います。私も仕事と買い物以外は外出していません。

前回のブログは2019年の秋ごろで、日帰りで行ける東北道・常磐道エリアの紅葉を紹介しました。今回のブログも日帰りドライブについて書こうかな…と考えていましたが、感染拡大防止のため、ぐっと我慢をいたします。

 

 

話は変わりますが、昨年は一人キャンプが流行り、キャンプグッズがかなり売れたそうです。私はキャンプの趣味はありませんが、キャンプグッズは防災にも役に立ちそうなので、興味を持ち調べてみました。調べた中で見つけた、キャンプにも防災にも使える商品の特徴を紹介したいと思います。

 

【LEDランタン】

普段はランタンとして四方を照らしますが、ライト部分が4分割して懐中電灯としても使えるものが販売しており便利です。

【充電式テレビ】

image9手巻き充電のラジオはよく見かけますが、同じ手巻き充電でテレビがあるのを知っていますか。テレビとしても、ラジオとしても使用できるので、防災グッズを揃える時にはぜひ買いたいと思います。

【ポータブルバッテリー】

充電容量のチェックが大事です。湯沸かし器や冷蔵庫など、使用するトータルの電気容量を算出します。放電負荷を考えて、トータルの3割増しを選ぶと良いそうです。少し専門的にはなりますが、インバータ装置が付いており、AC出力に正弦波を採用しているものが推奨されています。

【ウォーターバック】

断水などにより給水所を利用する際、負担を軽減できるよう水を入れて背負えるリュックがあります。

【浄水器】

高性能フィルターでろ過し、汚れた水が安全に飲める優れものです。安いものだと4千円ほどの値段で入手できます。

【避難用マスク】

こちらは防災グッズですが、もしもの際、自分の家から出るまでなら「けむりフード」という商品があります。空気を入れて被るのですが、3~5分間は煙を避けられるので安全に避難することが出来ます。

 

世の中便利なものがたくさんあるなぁ、と思いましたが、逆にこんなに便利なものがネットなどで簡単に買えるのに、家に何も準備がないことがとても怖く感じました。皆さんもこの機会に、防災について考えてみるのはいかがでしょうか。


アーカイブ
カテゴリー
pagetop
© Asahi Logistics. All Rights Reserved.