センター機能

マテハン機器・システム

当社は、在庫管理、仕分けにマテハン機器を活用し、商品のトレーサビリティなどフードディフェンスに対する仕組みづくりを強化しております。

 

センター機能

 

 

入荷検品

ハンディターミナルを使い、入荷予定データとの照合や日付管理、ロケーション登録などの在庫管理を行っています。

また、出荷作業も1台で行う事が出来るフレキシブルな仕組みとなっております。

入荷検品

 

音声ピック

保管ラックからのトータルピッキングに音声ピッキングシステムを採用。作業が両手で行え生産性向上につながるほか、リストやラベルなどを用いず環境へも配慮しています。

音声ピック

 

DAS(デジタルアソートシステム)

デジタル指示が出る表示機を固定設備として設置しており、表示した数量を間口に投入することでピッキングが完了します。

メリットとしましては、両手がフリーになるため、作業効率が格段に上がり効率的に作業が行えます。

DAS(デジタルアソートシステム)

 

GAS(ゲートアソートシステム)

デジタルアソートシステムの間口それぞれにゲートを設置。仕分け間口毎に開くため、入れ間違い等の誤仕分を防止します。 また、センター内仕分にはRFIDを採用。 作業者が意識することなく仕分けを行う事が出来る事や、指示ラベルなどの削減にも寄与しています。

GAS(ゲートアソートシステム)

 

携帯端末(Hand Held Terminal)仕分 <ALISS>

DASの仕組みを、固定設備なしでHHTを使用し実現しました。

そのメリットは固定設備が不要のため非常に自由度が高く、場所を選ばず仕分けが行えることです。

携帯端末(Hand Held Terminal)仕分 <ALISS>

 

DPS(デジタルピッキングシステム)

在庫商品の上部にデジタル表示機が付いており、発注商品・数量が点灯するようになっています。作業者は上部のデジタル表示機の指示にしたがい、数量をピッキングすることで店舗別ピッキングを効率よく行うことができる仕組みです。

DPS(デジタルピッキングシステム)

 

重量検品機能付き仕分カート

手押しカートに液晶指示機を搭載し、指示ロケーションから指示数量を取りオリコンへ投入します。一度に、4店舗分の仕分けを行う仕組みとなっており、また、カートに入れた商品はJANコードでの商品マーキングと重量と商品マスタ上の重量の一致をもって数量の検品としておりピッキング精度が飛躍的に高い仕組みです。

重量検品機能付き仕分カート
ページの先頭へ