人財育成

 

充実の教育制度

当社の人財育成は充実しており、人財の「財」は財産の「財」です。なぜかというと、人を財産として考えているからです。

新入社員研修・フォローアップ研修・アサヒ人財育成大学と階級別の教育プログラムを組んでおります。その中でも、アサヒ人財育成大学(主として管理者)は自ら学びたい方を募り、自主参加型の研修となっております。内容は、アサヒDNA、汎用能力、経営ビジョン・経営戦略達成人財育成を学びます。受講生は、全6回から7回のプログラムを受講しますが、回を重ねるごとに知識の習得が進んでいるようで、顔つきにも変化が生まれます。また、受講生同士のコミュニケーション強化にも繋がっており、「チームアサヒ」として横の連携も強化されております。

全ては、経営理念実現に近づけるよう取り組んでいる事で、顧客満足に繋げられるよう精進して参ります。

 

研修制度

ALU

 

新入社員研修

新卒入社社員は約3ヶ月間、本社研修と、各拠点での現場研修を行っております。本社研修の内容は社内講師による講話、外部講師を招いての研修、当社の拠点見学などを行います。現場研修では、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、外食チェーンの拠点で、それぞれの業態の特徴を実際に作業しながら学びます。研修で注力していることは、「明るく、いきいきと、さわやかに」行う挨拶です。礼に始まり、礼に終わる。基本動作を身に着けていただき、活気のある社員を育てていきたいと考えております。

 

 

s-1

 

外部研修では鹿児島県南九州市へ行き、知覧町の歴史について学びます。同業他社様への企業訪問などを織り交ぜ、業界についての知識やビジネスマナーを学びます。同期の仲間とおいしいものを食べ、交流を深める、そんな時間を大切にする研修となっております。s-20180621_114159

 

アサヒ人財育成大学(通称ALU A…Asahi L…Logistics U…University)

ALUでは、マネジメント・ビギナーコース(全7回)、マネジメント・ベーシックコース(全6回)の2コースを開講しております。簡単に言えば、階級別の教育プログラムです。

内容は、社長講話・会社の歴史を学ぶ・異空間体験(座禅、登山)・クリティカルシンキング・拠点診断・ライフプラン作成等、階級別にプログラムを組んでおります。受講生は手上げ方式で選抜しており、積極的に学びたいという者ばかりです。入学式の時には、受講生同士はよそよそしい感じですが、回を追うごとに、良いチームワークが生まれます。このチームワークこそが大切なのです。「チームアサヒ」として、お互い切磋琢磨し成長して行こうというのが狙いでもあるのです。

そんな仲間が沢山出来れば、悩みの相談やお互いを助け合う気持ちも芽生えるものです。

 

ALU(アサヒ人財育成大学)ALU(アサヒ人財育成大学)

 

ALU(アサヒ人財育成大学)ALU(アサヒ人財育成大学)

 

SD新人研修

弊社は、初めてトラックに乗務するサービスドライバーを1から育成していこうと

自社で研修センターを所有しています。

平成29年3月13日、比企郡滑川町福田に実技訓練が出来る研修コースを備えた

センターをオープンしました。

 

【研修内容】 

入社同期と一緒に2泊3日の集団研修(仲間)で不安なく学べる研修内容です。

 

・サービスドライバー・社会人としてのマナーと心構え、健康管理、各種法令、

 車両特性・構造、日常点検、会社の経営理念等々実施。

・3t車(AT2台)、4tワイド車、4tダブルキャブ車の4台の研修車両を使用しての

 実技(S字・クランク・車庫入れ・縦列駐車・坂道・バック走行・急ブレーキ(ABS体験)体験・

 高さ制限体験・死角体験・運転姿勢・基本走行等々)研修実施。

・DS7000(教習所にある運転シュミレーター)による危険予測運転、悪天候・

 悪条件下の運転体験、運転癖を再認識等々実施。

・学科・実技の効果測定により一定の基準を達成したサービスドライバーに対して

 修了証書の授与実施。また、運転技術向上の為の実技補習、入社6ヵ月後の

 フォローアップ研修等を計画実施しています。

 


 

 【実技研修】              【実技研修】 

12017-07-27_152814

 

 【死角研修】               【研修後の親睦会】

34

 

ページの先頭へ