第19回ドライバーズコンテスト・第7回フォークマンコンテスト・第5回アサヒパートナーズ会研修会開催

2016年7月5日

平成28年5月28日(土)9:00より、埼玉県深谷市、埼玉県トラック総合教育センターに於いて開催されました。

社内及びアサヒパートナーズ会からトラック部門58名・フォーク部門16名の選手を含む総勢約270名が参加。

日頃の成果と更なるレベルアップを図る為、選手74名による熱戦が繰り広げられました。

 

どらこん1

 

ドライバーズコンテスト

 

ドライバーコンテストでは、運転技能・日常点検・学科試験と3種目の競技に挑みました。                  フォークコンテストでは、荷物の格納、安全、正確な操作技術を競いました。​

どらこん2どらこん3

ドライバー部門で同率7位が3名、フォーク部門でも同率5位が2名と非常にハイレベルで僅差なコンテストになりました。

どらこん4どらこん5

競技終了後エキシビジョンとして、新免許保有者2名によるアサヒ入社後のスキルアップの披露をしました。日野自動車様より自動ブレーキ(アイサイト)の説明とデモンストレーションを頂きました。

どらこん6どらこん7

アサビィも応援に来てくれました!

 

【参加選手数】計58名  

●当社ドライバー28名 ●パートナーズ会会員 15社  30名                                                         【競技内容】 ※下記3種類の競技                                                                                        
*実技競技:S字走行/坂道発進/バック駐車(車庫入れ等)                                          

*学科試験:道路交通法/運送業における一般常識/その他 (計100問の正誤式・選択式)                      *点検競技:運転席/タイヤ/オイル/灯火類など計25項目の点検

 

フォークマンコンテスト

 

フォーク部門では、コースレイアウトを前年と変更し、コース幅を「全国フォークリフト運転競技大会」と同等にして、より高いレベルでの競技となるように設定しました。

コース全体を柵で囲ったこともあり、選手にとってはプレッシャーのかかるコースになったのではないかと思います。

また、フォークリフト基本操作で競技することから、日頃の安全確認作業を見直す良いキッカケになったことでしょう。

ふぉーく1ふぉーく2

今大会も、ニチユMHI東京株式会社様には、多岐に渡りご協力を頂きました。
基本操作を実演して頂いた他、フォークリフト用バッテリー取扱いの要点についての講義を行って頂きました。

ふぉーく3ふぉーく4

【参加選手数】計16名 
●当社社員作業スタッフ 10名 ●パートナーズ会会員 6社  6名
【競技内容】                                                                                        
*実技競技:フォークリフト基本操作手順に基づく荷役運搬を特設コースで競技。

荷役作業の操作手順正誤と安全運転と確認を減点方式で審査(リーチ、カウンタともに全60項目)。

競技者どうしの採点による加点有。

 

 

◆各部門の成績は以下の通りです。

character_bふぉーく5

 

トラック部門総合優勝:愛川物流センター 鈴木淳さん

フォーク部門総合優勝:共進運輸株式会社 杉本三男様

 

当社経営理念にある、安全(Safety)で品質(Quality)の高いサービスを提供していくため、

安全と品質『S&Q』を最重要項目として取り組んでまいります。

ページの先頭へ