社長挨拶

日本の食生活を支える物流インフラ企業

代表取締役社長 横塚 元樹

代表取締役社長

横塚 元樹

 

今から100年前の大正初期、横塚兵次が東京の品川で「横塚運送店」をスタートして以降、当社は一貫して運送・物流の仕事に携わって参りました。戦争の影響で横塚運送店は解散を余儀なくされましたが、昭和20年に兵次の長男横塚元吉が陸軍払い下げのトラック1台で運送の仕事を再開させ、また昭和24年に牛乳の運送に携わってからは一貫して食品の物流に特化した事業を展開し、現在では毎日1万2千の店舗様や物流施設への納品業務を行う会社へと成長をすることが出来ました。これもひとえにお客様、お取引先様、社会の皆様のおかげと心から感謝御礼申し上げます。

 

私たちは、現代社会において物流は大切な「インフラ」であると考えています。インフラとは、日頃はあって当たり前の物であり、その存在を意識することはほとんどありません。しかし、一度不安定になったり途切れてしまうことがあったりすると、途端に安心して生活を送ることが出来なくなってしまいます。

当社では経営理念に「日本の食生活を支える物流インフラ企業」と自らの使命を謳い、社会の中で重要な役割を担わせていただく責任と誇りをもって業務に取り組んでおります。また、

 

「日本一安全で品質の高いサービスを提供し、日本中の家族を豊かにします」

「CS(顧客満足)=ES(従業員満足)=CS(会社充実)を実現し、お客様と我々の生活を豊かにします。」

「物流業界を、誰もが働きたいと思える憧れの業界にします」

 

と掲げ、仕事の目的や意義、目指すべき方向性を明確にしております。

 

食の安全安心への関心が一層高まっている現在、「自社オペレーション」を中心に業務を組み立てている私たちの役割がますます重要性を増していると確信しております。特に安全と品質(S&Q)の向上を最優先ととらえ、平成22年より企業内大学である「アサヒ人財育成大学(ALU)」をスタートし、人財育成の充実を図っております。また、サービスドライバー及び作業スタッフの教育研修にも力を入れ、取り組みを進めております。

 

物流機能としても、東日本大震災の被災地支援をきっかけとして東日本全域をカバーできる体制を確立し、お客様にとってより利便性の高い共配ネットワークを構築しており、今後も更なる充実を目指します。

 

「東日本の食品物流はアサヒに任せれば安心だ」

「アサヒに頼んで良かった」

全てのお客様にそう仰っていただけるよう、今後も努力をして参ります。末永く、ご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ