内定式

2020年10月29日

今年も月日の経過が早く、9ヶ月が過ぎました。今年は暖冬?寒冬?早々と考えてしまう採用育成グループ採用担当の阿部です。

 

新型コロナウイルスの直近の国内の感染者は、累計9万人以上にのぼっています。流行し始めた当初は、すぐ収束すると思い通常通り準備をしていましたが、緊急事態宣言など予想外の事態となり、手探り状態で2021年新卒採用活動を開始しました。例年ならば、3月から大規模な合同説明会が各地で実施されますが、今年は相次いで開催中止となりました。2021年新卒の学生の皆様は、外出自粛により情報収集の場が制限されたり、採用を延期・控える企業が増え、就職活動が思った通りに進んでいないとの話を聞いています。

 

内定式後ろ姿そんな社会情勢の中、当社に興味をお持ちいただき、選考を経て、9月末時点で内定者は11名となりました。

10月1日には、マスクの着用、演台に飛散防止シートの設置、簡素化した内容などの感染防止対策を行い、内定式を執り行いました。最初は内定者の皆さんも緊張の面持ちでしたが、徐々に緊張もほぐれ、やわらかい表情で式に臨んでおりました。新型コロナウイルスによって起きた、社会情勢や生活様式の変化に対応してくれた優秀な人財です。

4月の入社までの間で、内定者の皆様向けの定期的なセミナーを開催し、同期入社されるメンバーの距離を縮める場を多く設け、安心して入社いただけるよう努めてまいります。

 

マスクの着用、手洗い、うがい、アルコール消毒、検温。当たり前の行動ですが、感染防止対策を徹底し、新しい生活様式に合った、人と人が安心して接する機会が増えますよう願っています。内定式は終了しましたが、一人でも多くの仲間を増やすため2021年新卒採用活動は継続してまいります。

人々の食生活を支える【物流インフラ企業】として、当社の魅力を学生に伝え続けたいと思います。

ページの先頭へ