高速バス

2018年3月8日

皆様、お初にお目にかかります。

日本中が冬季オリンピックの感動に包まれている中、敢えて題材に選ばないひねくれ者、総務部の権田です。周囲からは「そだね~」なんて声が聞こえてきそうですが・・・。

目下健康診断に向けて絶賛ダイエット中です。結果は次回のブログでご報告するかもしれません。

 

さて、皆様は深夜の高速バスを利用した事がありますか?

本社の道路を挟んだ向かい側が大宮の高速バスのバス停になっていて、出勤時に旅行鞄を持った方々がバスから降りる姿を目にしながら、息子と行ったほぼノープランな小冒険をお話ししたいと思いました。

 

前からUSJに行ってみたいと懇願されており、家族全員で行くには費用が結構かかるという事で男旅を計画しました。

 

出発の前日にとりあえず大阪までの深夜高速バスの往復チケットだけ予約して・・・。

USJ

 

行程は、深夜バスで大阪に向かい、朝から大阪城~難波~通天閣のベタな大阪観光コース、たこ焼き・串揚げのこれまたベタな大阪のソウルフードを堪能しつつ終日歩き回って大阪の空気に触れたのが初日。

大阪観光

 

USJ近くのホテルに泊まり、翌日は一日USJを堪能し、その日の深夜バスで大宮に向かい帰宅。

一泊四日の不思議な男旅の完成です。(女性には多少抵抗あるかも知れません)

 

 

この時初めて深夜の高速バスを利用したのですが、想像以上に座席は広くゆったりで、アイマスク・ブランケット等のアメニティも充実。トイレも完備の至れりつくせり。男性ブースと女性ブースをカーテンで仕切って立ち入り出来ないようにしていたので、若い女性も結構多く乗車していました。

確かに時間はかかってしまうものの、座席だけを比べれば新幹線よりもよっぽど快適に過ごす事ができます。どこでも眠れる図太さの私にはもってこい、かも?な印象です。

 

いかに低コストで済ますかをミッションに深夜の高速バスを調べてびっくり、想像以上の安さで大阪往復をする事ができました。ホテルも直前予約の低料金、一番高額だったのがUSJの入場券でしょうか。

 

じっくり計画を練った旅行もいいかもしれませんが、とりあえず往復のバスのみ手配して「思い立ったが吉日旅行」というのも、結構面白いと思った息子との冒険旅行でした。

 

大宮からも全国各所に高速バスが出ています。

冒険感覚で深夜の高速バスを利用しながら気になる地域に遊びに行くのも楽しいものです。

  バス 

ページの先頭へ