社内留学

2019年2月28日

早いもので寒い冬も終わりに近づき、春の兆しも見え始める頃になりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。経理部の波田野です。

自分は社内留学真っ最中です。現在、花見台共配センターにお邪魔しております。
現場を見させていただくのは、入社時に拠点研修で数週間行かせて頂いて以来の為、日々学ぶことばかりです。
全体からしてみたらほんの一部ではありますが、請求書で書かれていた業務の一端を理解できました。
お忙しい中、何も知らない自分に対して、優しく教えて頂き有難うございました。

また久々の車通勤となり、ついつい気分良く運転しがちになっていましたが、皆さまの運転を見て走り慣れていない自分としては改めて運転には気を付けないといけないと感じました。

こちらが配信される頃には終了となっておるかと思いますが、花見台共配センターの皆様、お忙しいところご指導いただき有難う御座いました。
今回の経験を生かし、今後の業務に生かして行きたいです。


※『社内留学』とは経験こそ最大の財産と考え、他拠点・他業態の業務や管理手法を学び留学先の良い点を見つけ、悪い点を指摘して相互の今後の業務のヒントとなるような発見を行う。また人脈・横の繋がりを作り、社内の発展に寄与することを目的とした制度です。

ページの先頭へ